路面温度上昇抑制舗装研究会[クール舗装研究会]


保水性舗装とは

暑い道からすずしい道に。保水性舗装は地球環境と人に優しい道です。
保水性舗装概要
保水性舗装とは、舗装体内に保水された水分が蒸発し、水の気化熱により路面温度の上昇を抑制する性能をもつ舗装です。一般の舗装よりも舗装体内の蓄熱量を低減するため、歩行者空間や沿道の熱汚染環境の改善、ヒートアイランド現象の緩和が期待されています。

概念図 雨天時 概念図 晴天時

基本的な舗装構成
表層、または表層・基層を保水性とした場合、車道部の基層には高粘度改質アスファルト、歩道・園路等の基層には改質アスファルトII型アスファルトを使用します。さらに舗装表面に太陽光反射材料をコートするケースもあります。

車道部表層のみを保水性舗装とする場合  車道部表層・基層を保水性舗装とする場合  歩道部等を保水性舗装とする場合



断面
保水性舗装では、開粒度タイプアスファルト混合物の空隙に、吸水・保水性能を持つ保水材を充填します。保水材には、鉱物質や樹脂等のグラウト材や細粒材を用います。

断面図断面写真



用途
一般的な舗装の対象となる車道部、歩道部すべてに適用します。





施工手順




Page top

Copyright (C) 2011-2018 路面温度上昇抑制舗装研究会, All Rights Reserved.